上地雄輔の野球の実力は?松坂との関係は?高校時代の大けがが芸能界につながった理由とは

上地雄輔

俳優の上地雄輔は野球が得意で有名です。今回はそんな上地雄輔の、実際の野球の実力や甲子園にでたかのかどうか、平成の怪物「松坂大輔投手」との関係、高校時代の大けがが芸能界への道につながった理由など、詳しくについてみていきます。

上地雄輔の野球の実力は?甲子園にはでた?

野球の実力

上地雄輔の野球の実力ですが、高校野球界の超名門高「横浜高校」で、高1の春から練習試合に出場していました。横浜高校は野球の実力が高く、部員のレベルもハイレベルのため、試合に高1の春からでるというのは、高1の時点から、相当野球の実力があったといえます。

高2のときは、あとで詳しく記載する大けがで棒にふってしまいますいが、高3では、レギュラーにかえりざき、背番号2番で活躍しています!

ということで、高校時代の上地雄輔は間違いなく、かなり高いレベルでの野球の実力があったといえます!

甲子園に選手として出場できたか?

かなりの野球の実力をもっていて、最終的にレギュラーをはっていた上地雄輔ですが、甲子園に選手として出場したかというと・・・

残念ながら選手としては甲子園出場していません!

とはいえ、上地雄輔が所属していた横浜高校は、甲子園の常連高です。

そんなこともあり、上地雄輔がレギュラーでないときは、横浜高校は甲子園に出場しており、上地雄輔も補欠として甲子園の地には足をふみいれており、甲子園の砂も持ち帰ったとのことです。

ただ、なんと、上地雄輔は、この大切な甲子園の砂を・・・

どっかいっちゃったんですよね

と無くしてしまったとのこと(笑)

さすがに、もったいないことしましたね。。

まあ、土という物がなくても、貴重な経験であることは間違いないです!

上地雄輔と松坂大輔投手との関係は?試合は一緒にでたことある?

上地雄輔と松坂大輔投手の関係

噂によくあがる上地雄輔と松坂大輔投手の関係はというと・・・

横浜高校時代の先輩・後輩の関係です!(上地雄輔が1学年先輩)

高2のとき、上地雄輔はポジションがキャッチャーだったこともあり、高1の松坂大輔投手と練習でバッテリーをくんでいました。

ただ、このときの松坂大輔投手は、レギュラーでもなく、かなりのノーコンで、

ピッチャーとキャッチャーで18.44m離れたところから、ピッチングしている時にワンバウンドばっかり投げてきて。

わざとだろうと思うぐらい、コントロールが悪かった。中学まで野球をやっていたんだよなと思うぐらいだった

引用:ザテレビジョン

と、上地雄輔は語っています。

松坂大輔投手自身も、

思い出したくないくらいで、ピッチング練習に入りたくなくて、ずっと外で走らされている方がいいと思ってて。当時の監督はそれを見ているので、『ピッチャーじゃ使い物にならない。肩も強いから外野で…』と思っていたとは聞いてます

引用:ザテレビジョン

と語っており、この話は間違いなさそうです!

上地雄輔が高1のときから、試合にばんばんでていたことを考えると、

高1~高2時点の上地雄輔の野球の実力 > 高1の松坂大輔の野球の実力

といえると思います!

上地雄輔と松坂大輔は一緒に試合でたことある?

高1のときの松坂は絶望的なノーコンでしたが、高2になると松坂大輔投手はめきめきと実力がつけていき、上地雄輔とも実際の試合で、バッテリーをくんでいます。

たとえば、高3の上地雄輔と高2の松坂大輔投手は、関東大会前橋工戦でバッテリーを組んでいます

高3の上地雄輔が先輩なので、高2の松坂大輔投手はサインに従って、投げるというのが基本です。

ただ、この試合で、高2の松坂大輔投手は、先輩の上地雄輔のサイン(変化球のスライダー)が不満で、何回も首をたてにふらずストレートを投げ込みます。

このときのことを上地雄輔は

でも最後は「分かったよ」ってストレートのサイン。それでパコーン!!って打たれたんです。でも凄く嬉しかったです。俺も笑って、あいつも俺見て笑って「スライダーでしたね」って。バッテリーってこういうことだなって。あいつが意思を表したのが嬉しかったし、自分のストレートに自身を持ったなっていうのも嬉しかった。

引用:高校野球ドットコム

と振り返っています!

なんだか、いい先輩、後輩の関係ですね!

結果的に打たれたあとにお互い笑顔って、なかなか、なれないものです!熱いエピソードですね!!

この投稿をInstagramで見る

🎬上地雄輔⚾️遊助🌻(@usk_kmj)がシェアした投稿

高校時代の大けがが芸能界への道につながった理由

高2のときの大けが

ここまで、みてくると、上地雄輔は順風満帆な高校野球だったようにみえますが、高2のときに、実は大けがをしてしまいます。

どういうことかというと、

高2夏の3回戦、試合の途中でやってしまいました。ボールバックでキャッチャーがセカンドへ投げるじゃないですか。その時でした。

それまで元気だったんですが、その時「ブチッ」ってやっちゃって、投げれないし打てないし。2イニングくらい頑張ったけど。試合中「お前おかしいだろ」って監督に言われ、ベンチで見たら腕がすごく腫れていました。

引用:高校野球ドットコム

このケガは、かなりの重症だったようで、高2の夏~高3の春まで、リハビリしかできない状況だったようです。

実は、この上地雄輔がケガをした年は、横浜高校は甲子園に出場しており、このケガさえなければ、上地雄輔が選手として出場していた可能性はかなり高いです。

リハビリ生活でえたこと、芸能界へのきっかけ

何はともあれ、上地雄輔は、高2の夏からは実質、たいした練習もできず、ひたすらリハビリを続けることになります。

ただ、このリハビリ生活が上地雄輔に大きな転機となったようで、野球への情熱はもちつづけつつも、一歩ひいて野球と接することができるようになったとのことです。

そんなこともあってか、高3で高校野球生活が終わった後の進路も、プロや大学野球を積極的に目指すわけではなく、たまたま高3のときに芸能事務所にスカウトをうけたことをきっかけに、芸能界にはいることになるのです!

以上、上地雄輔の野球の実力がすごかったことや、松坂大輔との熱い関係、大きなケガが芸能界入りにつながったことなど、くわしくみてきました!

 

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました